新しい公共を拓くパーセント条例    
―元気なまちづくりのための政策条例の提案   *阿部泰隆・北村喜宣編集顧問
   著 者:松下啓一(大阪国際大学教授)                   慈学社 政策法学ライブラリイ 12
        茶野順子(笹川平和財団中欧基金室長代行)
        
    ISBN4-903425-03-7 C3332
    定価[本体1,500円+税] A5判 並製 128ページ

表紙

「自治体の政策とは、あるべき姿とともに、それをどう実現するのか、その道筋もあわせて示すものである。 あるべき姿と現実の間には大きな距離があるから、そのギャップを埋め、理想と現実を架橋する方法やプロセスを示すことが政策論のポイントになる。 こうした架橋方法のひとつが、パーセント条例である。」 [本文「はじめに」より]

サイレント・マジョリティも目パッチリ!
まちが元気になる政策条例の提案
巻末に注目されているハンガリーのパーセント法の紹介など充実した資料でヒントたっぷり。

[内容目次]
 第1章 パーセント条例の意義
 第2章 パーセント条例の類型
 第3章 パーセント条例の制度設計
 第4章 ハンガリーのパーセント法
 巻末資料 1 関連条例
        2 パーセント法関連資料