文学の中の法 新版    
    
   著 者:長尾龍一著                   
        慈学社叢書
        
    ISBN4-903425-06-1
    定価[本体2,600円+税] 四六判 上製カバー 316ページ

表紙

絶妙な語り口 長尾龍一『文学の中の法』新版


 
法学嫌い 皆無に!

古典・名作による法学入門
法を学びながらの読書案内

イソップからギリシャ悲劇,シェークスピア
そして漱石・鷗外から清張・司馬遼太郎まで
長尾「法と文学」ゼミの成果も収録。


   主要目次
はじめに  文学者と法律家 / 文学部と法学部 / 法の
 網の目の中の文学者
1 説話文学
2 ギリシャ悲劇の中の法思想
3 シェークスピアと法
4 夏目漱石
5 森鷗外
6 松本清張
7 司馬遼太郎
8 「法と文学ゼミ」より その一
9 「法と文学ゼミ」より その二
あとがき/新版あとがき  巻 末 人名索引