会議の政治学 V  見出し  
    
   著 者:森田 朗                   
        慈学選書
        
    ISBN978-4-903425-97-9
    定価[本体1,800円+税] 四六判 並製カバー 230ページ

表紙

森 田  朗(もりた あきら)
東京大学名誉教授,国立社会保障・人口問題研究所所長
1951年生。76年東京大学法学部卒業。同法学部助手,千葉大学法経学部助教授,同教授を経て,94年より東京大学大学院法学政治学研究科教授。2004年より2008年まで東京大学公共政策大学院長。2008年より2010年まで東京大学政策ビジョン研究センター長。2012年より学習院大学法学部政治学科教授。2014年より国立社会保障・人口問題研究所所長。
主要著書
『許認可行政と官僚制』岩波書店(1988年),『アジアの地方制度』東京大学出版会(1998年,編著),『行政学の基礎』岩波書店(1998年,編著),『改訂版 現代の行政』日本放送出版協会(2000年),『分権と自治のデザイン:ガバナンスの公共空間』[新しい自治体の設計1]有斐閣(2003年,編著),『会議の政治学』慈学社(2006年),『制度設計の行政学』慈学社(2007年),『会議の政治学U』慈学社(2014年)他。

  あなたの医療費を決める人たち
             中医協と40兆円

医療側、支払側が繰り広げる丁々発止
 「エビデンスに基づく合理的決定」の実像に迫る

政府の数多くの審議会に関わってきた著者が
中医協会長を務めた4年間
そこで目撃した数多くの「切った張った」の修羅場
そこから見えてきたものとは



     主 要 目 次
まえがき
第一章 舞台設定   ―― わが国の医療制度と中医協
 一 合意形成と三つの制約条件 / 二 医療は市場経済にな
 じまない / 三 診療報酬体系と医療政策 / 四 中医協
 の組織と役割 ―― 医療費四〇兆円の配分を決める人たち /
 五 国民皆保険制度と中医協の変遷
第二章 物語の展開  ―― 診療報酬はこうして決まる
 一 理屈の裏に透けてみえるホンネ / 二 スケジュールと
 アジェンダ / 三 委員と事務局 / 四 合意形成の長い
 道のり
第三章 役者と演技  ―― 論法と「顔」
 一 顔を潰して顔を立てる / 二 議論のワザ / 三 中医協
 の経済学 / 四 エビデンスに基づいた医療 / 五 総会
 至上主義/ 六 抵抗戦術 / 七 妥協のワザと「顔」 /
 八 会長としての振る舞い
終 章 閉幕のあとで ―― これからのわが国の医療政策
 一 医療の環境が変わった / 二 財源の制約の中で /
 三 人口減少と長寿化 / 四 診療報酬決定のあり方 ――
 中医協のこれから / 五 エビデンスに基づく医療
あとがき 事項索引 巻 末